大阪の相席屋はやっぱり面白い!?道頓堀 2号店と大阪心斎橋店を含む4店舗を調査

相席屋お持ち帰りマニュアル

相席屋ブロガーのたくみです
今回は普段は僕たちが足を運べない「東京以外」の店舗の体験談を集めてみました
今回4つの体験談のうち2つは大阪です!!
肯定的に意見もあればネガティブなエピソードもあり、相席屋に対するリアルな実情を知ることができます
是非4店舗に行く予定がある方は一度読んでみてください!!
もちろん、この4店舗に行く予定が無い人にとっても体験談として非常に面白いので読んで損はないとと思います!!

三宮生田神社前店 20代後半~30代 女性

ある日の仕事の休憩中、唐突に同僚が「ねぇ私彼氏ほしいんだよね。だから出会い求めて今日相席屋行かない?」と言い出しました。
私は相席屋に行ったことはありませんでしたが、好奇心が沸きどんな場所か一度行ってみたくなったため二つ返事でOK、アラサー女2人で相席屋に行くことにしました。

その日の仕事終わり早速相席屋に向かいます。相席屋について何の知識もなかった私は勝手に居酒屋のような明るくわいわいした店内をイメージしていましたが、実際はテーブルや床などシックな色で統一されたお洒落な内装で、そこまでわいわいしてませんでした。

今回は4階にあるVIPルームに案内されました。VIPルームは通常料金よりもお高い金額を支払う男性がいる個室です。ちなみに相席屋に行く女性がVIPルームに通される基準などあるのかとネットで調べましたが、顔が可愛い、店の女性客が不足状態など、色々な憶測はありましたが明確には分かりませんでした。

通された席には既に2人の男性がいました。私たちが相席した男性は県外から社員旅行で来たとのことで、年齢が近いこともあり話が弾みました。しかし毎週デートが出来る彼氏を求めて相席屋に来た友人はこの時点でかなりテンションダウンしてました。

男性に来店理由を聞くと「地元の子と話がしてみたかった」「ワンナイトラブを成立させたいから!」と2人バラバラな理由でした。アラサーともなるとワンナイトラブ発言くらいでは引きません。笑顔で受け流しました。
一通り自己紹介や雑談をしてお互いの緊張もほぐれた頃、見かねたようにタイミングよくスタッフがやってきました。ショットグラスを出しながら「有料にはなってしまいますが、皆さんでテキーラ飲みませんか?」2人の男性のうちワンナイトラブを目論んで来店した男性が「有料でもいいです!持ってきて下さい!」と言いました。おいおい酔わせて何する気だと少し思いましたが、アルコールにはめっぽう強い私と友人はテキーラを1杯飲んだくらいじゃ全く酔いませんでした。

その後は雑談を交えつつお店にあった黒ひげ危機一髪で遊び、負けた人は暴露話をするという、いかにもあるあるな時間を過ごしましたが初めての相席屋ということもあり私は楽しかったです。
その後もお互いチェンジを出さなかったので、私たちは一組目の男性たちとずっと相席していました。

時刻も12時前になり、次の日も仕事の私たちは帰ることにしました。男性たちも退店するとのことで一緒に店を出ました。「もう一軒行こうよ~」と引き止めてくる男性に「次の日も仕事だから」と手を振り連絡先を交換することもなく私たちは別れました。

今回相席屋に行ってみて、ラッキーなことに私はかなり楽しめました。
相席になる異性と相性が合わないと勿論楽しくないと思いますし、相席屋に来ている目的が大きく違うとこれもまた話していても面白くないと思います。
しかし相席屋は相席屋にしかないルールや雰囲気が沢山あって非常に興味深かったので、興味がある方は是非一度行ってみることをオススメします!

千葉中央店 20代 男性

店舗の内装は、薄明かりの中にテーブルとイスが並べられているアットホームな感じのお店です。とてもおしゃれな雰囲気もありますので、女性でも行きたくなるような感じはいたします。開店は、夕方の17:00からとなっているため、仕事をわりに立ち寄る方が多かった感じがいたします。この相席屋を利用する時には、事前に相席屋のアプリに登録をしてプロフィールを予め入力をしておくようになります。予約をしなければならないのです。男性と女性の割合としては、半分半分か男性が少し多めだったような感じがします。薄暗くて全体的に把握が出来なかったです。相席屋は居酒屋であるために、アルコールなどの種類が豊富にあったので、相席をした時には、お酒を飲みながらわきあいあいと女性と話すことが出来たのが良かったです。女性と相席をして飲んでいる時に、プロフィール交換もすることが出来るので、お互い気が合った時には、交換をして出会いの場を広げていってもらいたいです。相席屋は、女性との出会いが目的としているために、服装には十分にに注意することが大切です。普通の居酒屋ではなく、大人の雰囲気でアルコールを飲める所なので、騒いだりしてはいけないルールがあります。来店すると身分証明書の提示を求められるので、予め準備しておくといいかと思います。相席屋は婚活をする場でも人気がある所なので、積極的にお話しをして相手のことを分かりあうと、相席でも緊張することなく、楽しむことが出来ます。相席屋は、一人では入店出来ないのですが、他に一人で来られた方と一緒に同席をして女性とお話しで盛り上がることも出来ます。ゲームなども店員に言えば、持ってきてくれるので、一緒に遊んで、異性との距離を縮めてみるのもいいです。食事も美味しそうなメニューが沢山あるので、女性はお食事をメインに、男性は出会いをメインにと目的別に楽しむことが出来ます。女性はいつでも無料で来店することが出来るので、男性がその分を出すシステムとなってます。意気投合をすれば、来る時は、2人であっても、お店を出る時には、4人と言うこともあります。4人でお店を出ることが出来るかは、男性の優しさを出すことが一番大事なことなのです。出会いを目的にした相席屋は、他の居酒屋では体験出来ないことなので、相席をする目的で来店することが大切なのです。とてもいい出会いが私も出来たので、皆さんにも素晴らしい出会いが出来るように頑張ってもらいたいです。

道頓堀 2号店 30代 女性

出会いを求めて居酒屋に行くのであれば相席屋の道頓堀 2号店がおすすめです。その理由としては、男性、女性関わらずプライベートな空間があり、半個室の部屋がある点です。他の相席屋ですと簡易的な敷居しかないため人の目垣になるといった方も多いと思いますが、道頓堀 2号店ならプライバシーに配慮されており大丈夫です。アルコールに関しましては最初の一杯だけ係りの人が持ってきてくれますが後はドリンクバーなので時間内で勝手にどうぞといった印象です。ドリンクですが梅酒やビール、日本酒などがありますが、ものすごくアルコール度数が高い物は置いていませんでした。ただ、料理には正直がっかりしました。冷凍食品のナポリタンのような物で正直お店に来ていた女の子もおいしくないといっていましたし、若干料理の酷さに引いていました。店舗の内装に関して気付いたこととしては内装を暗く設定することにより室内の清潔感を分かりにくくしているように感じます。証明が電球なのでその下の部分は明るいのですが壁などやハンガーを掛ける箇所などは綺麗ではない上汚れており服に汚れがつかないかどうかが気になってしまいました。来ている女の子なのですが仕事帰りのOLさんや以外なのが仕事を終えた看護婦さんの方もお店を利用していたり結婚している主婦の方も同席したりと色々な方がいました。ちなみによく宗教や勧誘等の方が来るといった事をよく聞きましたが私のところではそんなことはなかったですし、相席屋ではそういった事を禁止しているのでそういった話はないのですが、気をつけないといけないのは外に出てからです。一度外に出た瞬間に宗教の話をして勧誘してくる人がいたので室内は安全だが、外はどうなるかは分からないという点です。そういった人も結構スーツを着ていてはっきり言ってしまうとOLと見分けがつかないのです。室内では勧誘の話はせず、黙っていたような気がしますので、黙っている人はちょっと要注意くらいに考えていたらよいのではないでしょうか。後、そういった人はお酒を呑んだりしていなかったようにも感じますからそういうことで判断して、一応注意だけしておくと良いのではないでしょうか。店全体の利用客の雰囲気は明るい方が多くいますが率直に物を言う女性の方が多かったように感じます。ずばりと物を言う人が多かったのでそういった女性が苦手な方は止めておいた方がよいでしょうね。後々不愉快になるかもしれませんよ。

大阪心斎橋店 二十代後半 女性

以前、相席屋の大阪、心斎橋店に行ったことがあります。
職場に出会いがなく、どうしたものかと思っていたところ、
「話題の相席屋が大阪にもあるから一緒に行こう」と同い年の友人に誘われ、
平日の夜に二人で行きました。
ビルの中にテナントの一つとして入っていました。
ビル一階のエレベータホールに相席屋のスタッフの方が一人いて、
何人のグループか、年齢層はどれになるか、等を事前に確認していました。
女性は無料とのこともあり、女性の方が多く来ているようで、
案内するのは三十分程後になると言われました。
時間になったら連絡するとのことだったので、連絡先を伝えてしばらく時間を潰していました。
連絡を受けた後、再びお店に戻り、席まで案内してもらいました。
内装は、明るめの居酒屋といった感じで、まだ新しいのか綺麗でした。
席は、基本的には四人掛けくらいのボックス席でした。
フリーのドリンクと軽食は、ファミリーレストランのドリンクバーのような形で置いてありました。
私と友人は食事を済ませてきていたので、ソフトドリンクのみもらいました。
席に案内されてから数分後、スタッフの方の誘導で、同年代の男性二名が向かいの席に座りました。
最初に、お互い簡単に自己紹介をしました。
男性陣は、営業をしているというサラリーマンの人達で、先輩と後輩の仲とのことでした。
彼らも仕事後に来たとのことでした。
見た目は特に軽い印象はありませんでしたが、アルコールが進むにつれて少しテンションが上がってきていました。
「何故ここに来ようと思ったのか」「どういう異性がタイプか」といった話をしました。
正直、私も友人も、タイプではない男性達でした。
いい人悪い人ではなく、純粋に波長が合わないなと感じました。
男性陣も同じようでした。
営業のお仕事をしているだけはあって、話題が尽きないように色々と話を振ってくれていましたが、
結局連絡先を交換せずにお開きになりました。
相手が好みではなければチェンジもできるとのことでしたが、
私達はそのまま帰ることにしました。
他の席の人達は、男女とも盛り上がっているグループもいれば、男性だけが一方的に喋って女性陣は少し引き気味といったグループもいました。
盛り上がっているグループは、割と異性に対してグイグイ行くようなタイプの人が多いように見えました。
私や友人のような、割と地味めでテンションがそこまで高くなく、アルコールも飲まないようなタイプの人間は、
相席屋にはあまり向かないのかもしれないなと思いました。

 

 

相席屋ブロガーたくみからひと言

今回はかなりネガティブな体験談が多かったですね。たしかに、「率直にものを言う女性が多い」というコメントには非常に共感できますね、、、笑
たくみとマーティスもこのての女性にはいろいろと苦い思い出があります笑
でも、そういったズバズバものを言う女の子をどう攻略していくかというのも一つのテーマかもしれません
まぁ個人的にはそういう女性はあまり好きではありませんが、、、はっきり言って可愛い子は性格もおしとやかだったり、思いやりがあったりしますからね!笑
たくみからのアドバイスとしては嫌だな、苦手だなという相手が来たら遠慮せずに30分でチェンジしてもらうか店を出るかした方がよいということです。いやいや相席するのは本当にお互いにとってメリットがないですからね。特に男性は高いお金を払わなければいけませんし(^^;

東京以外の相席屋4店舗、いかがだったでしょうか!
基本的に僕らで行けるところはできるだけ実際に行ってみたいなと思ってはいるのですが、こういった形でちょっと行けないなという店舗には体験談を募集してリアルな声を聴いてみたいと思います
僕らも結構この記事を読んで楽しんでます笑
もし寄稿してくださる方は是非是非ご連絡ください(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です