【モテテク】~!悪用禁止!相席屋でモテるための10のテクニック~

ライバルと差をつける10の方法、MEN'Sモテテク
相席屋お持ち帰りマニュアル

こんにちは!相席屋ブロガーのたくみです!!

【モテテク】~!悪用禁止!相席屋でモテるための10のテクニック~

ということで、相席屋でモテるため使えるテクニックを10個厳選してお伝えします。

私は今まで28回相席屋に行っていますが、その中で色々なテクニックを実践してきました。その中でこれは汎用的に使える!!というテクニックを厳選しました。

 

①スマホを置く方向でどちらの女の子を狙うか意思表示する

これは、スマホでは無くても何でも大丈夫です。例えば、おしぼりの向きや置き方、ジョッキの持ち方、足の組み方、などなど、つまり、ほんとに何でもいいんです!笑

重要なのは、どちらの女の子を狙いたいのか、あるいは、両方とも興味がないのか、両方可愛いのでどちらでも良いのか、といった意思表示をし、二人で共有するということです。

狙う女の子が被ってしまうと、もう片方の女の子が置いてきぼりになってしまったり、のちのちそれが原因で相方と仲違いしてしまったりというリスクが高まります。

②女の子の飲み物を注ぎに行ってあげる

女の子はいつだってお嬢様扱いしてもらいたいものです。女の子のグラスが空いたら「次何飲む?俺注いでくるよ」といってあげましょう。たぶん女の子のほうは、「いや、自分で注いでくるから大丈夫!」というふうに言ってくることも多いかと思います。そしたらあまりしつこくするのではなくて、本当に女の子が自分で注ぎたいのかということを見極めることが大事です。

仮に、断られたとしても、そういうふうに気を使って聞いてくれたということだけでも、評価が下がるということはまずないでしょう。積極的にこちらからアクションを起こして行きましょう!!

③相席屋のスタッフと仲良くなる

これに関しては優先度は高くないですが、知り合いになっとくと多少良いことがあります。まず、相席屋のスタッフと仲良くなるとかわいい子をつけてもらえると他のサイトで書いてあることがありますが、これに関しては嘘の可能性が高いです。少なくとも私たちがよく行く池袋の相席屋ではそのようなことはありません。あくまで、来店した順番とチェンジのタイミングによってマッチングが決定するみたいです。

では何が良いかというと、色々な情報を教えてもらうことができるということです。例えば、何曜日の何時が混むとか、かわいい子が多いとか、この時間帯はあまり来ない方がよいとか、そのようなことです。また、ささいなことですが、乾杯の音頭を気合をいれてやってくれます(笑)

④すぐに名前を覚える

これは当たり前といえば当たり前のことなんですが、非常に重要です。人が言われて一番うれしい言葉は、自分の名前です。最初の頃、私はすぐに相手の名前を忘れてしまっていました。そうするとやはり会話の中で困ってしまうというタイミングがでてきます。

すぐに名前を覚えるのにはちょっとしたコツがあります。これは相席屋以外でも使えるテクニックなのですが、それは、名前を聞いたらすぐに繰り返すということです。

女A「まりです」

女B「さきです」

男A「君がまりちゃんで、君がさきちゃんね」

男B「まりちゃんとさきちゃんね」

男A「まりちゃんは何の仕事してるの?」

こんな具合に、名前をしっかりと頭に刻むということを意識して、相手の名前を声に出しましょう。

 

⑤できればスーツで!大人めの格好を意識する

相席屋の店舗の場所にもよりますが、だいたい平均して女性の年齢は25~29くらいが一番のボリュームです。男性もだいたい同じくらいですが、私たちのように少し年齢層が低い場合は、ガキにみられてしまい相手にされないということがでてきます。これを解消するために、まずは見た目の部分を変えましょう。無理してスーツ、ジャケットを着る必要はありませんが、きちんとした腕時計、フォーマル寄りのファッションを意識しましょう。

 

⑥お金には余裕を持って!3万円は使う覚悟で

お持ち帰りでホテルにINすることを考えると、3万円の余裕は持っておきたいところ。

内訳としてはざっくりこんな感じ

相席屋代:5000

ダーツ代:5000

居酒屋代:5000

ホテル代:15000

意外とかかってしまう可能性があるのがホテル代、週末だともともとの料金が高い上に、安いホテルはどこも満室!なんてことがよくあります。

 

⑦連れ出すときには時間制限を設けて打診してみる

これはナンパでも使えるテクニックです。相席屋を出て次の場所に行きたいとなったとき、なかなか女の子の方は首を縦に振ってはくれませんよね?そんなときには、例えば「じゃ終電までの1時間だけでいいから行こうよ!」「30分だけでいいからワンゲームだけやって帰ろうよ」といった風に、条件をつけて打診してみると、意外とすんなりOKを貰えるということがあります。

 

⑧見切りが大事!ダメそうだったら30分以内に必ず切り上げる

私たちは一目みて女の子を判断しますよね?女の子たちも基本的はそのメカニズムは同じです。最初の印象である程度のインパクトを残せていないとあまり長時間相席していても意味がありません。どうしてもタイプの女の子でも今日はイマイチ盛り上がっていないと感じたら、早めにLINEを交換して後日仕切り直した方がよっぽどよいです。

 

⑨会話は8:2のバランスが大事

女の子は「話を聞いてもらいたい生き物」です。基本的には女の子たちの話を聞いてあげましょう。バランスとしては8:2くらいでこちらが話すのは本当に少しで大丈夫です。最初は女の子は基本的にはこちらに興味は1mmもないと考えておいて大丈夫です。でも焦らずにむこうの話を聞いてあげれば、徐々にこちらにも興味が移っていくことがあるので、それを狙いましょう。

 

⑩最終手段!相席屋の前でナンパ

これは相席屋でうまくいかなかったときと、お金がなくて相席屋に行けないときのための最終手段です。相席屋のエレベータ内か、出てすぐのところで待ち構えてナンパしましょう。相席屋から女性だけで出てくる場合、いい男がいなかったということなので、ハードルが下がっていて、意外と上手くいくこともあります。ただ、気をつけてほしいのはだいたい店の前には相席屋のキャッチがいるので、注意されないようにすることです。できれば、そのキャッチと少し会話して仲良くなれれば一石二鳥なので、是非試しに声をかけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です