相席屋に行く前に確認すべき7つのコト~相席屋に初めて行くときの準備~

見なきゃ損!?相席屋に行く前に確認すべき7つのコト
相席屋お持ち帰りマニュアル

こんにちは!相席屋攻略ブロガーのたくみです

今回は、「相席屋に行く前に確認すべき7つのコト~相席屋に初めて行くときの準備~」

 

というテーマで、

・相席屋に行くのが初めての人

・相席屋に行ったことが2,3回の人

・相席屋に行こうか迷っている人

を対象として記事を書きたいと思います。

 

①男性のパートナーを見つける

まず、知っておいていただきたいのは、相席屋は一人ではいけません。まずは一緒に行く人を見つけましょう。

できれば、

・相席屋の経験が自分よりあり、これから行く店舗にも行ったことがある人

・自分の弱点をカバーできるひと(例えば、クールイケメン⇒面白キャラ、面白キャラ⇒クールイケメン)

・気の知れた友達で、緊張する場面でもリラックスできる人

等々、他の記事にも書いていますがパートナーとの相性は特に大事だと思います。

 

②あらかじめ料金のシステムと予算を確認する

相席屋はダラダラ時間を過ごしてしまうと意外と高くなってしまい、本当にもったいないです。私も最初のころは時間を決めずにすごしてしまい、料金が思ったより高くてびっくりするということがよくありました(^^;

相席屋のシステムは基本的に時間制で平日は30分1500円、土日祝日は1800円です。飲み物はセルフで自分で注ぎに行くという形になっています。フリーの食べ物を置いてある場所もありますが、必ずあるわけではありません。店舗によって簡単なお菓子、軽食などは結構違います。

 

③パートナーと作戦を考える

これは必須ではありませんが、意外と大事です。大事というか相席屋に行く前にパートナーとファミレスなどで作戦会議をする時間が個人的に好きなのでおすすめしています(笑)

以下、決めておいた方がよいことを挙げます

・予算はいくらなのか=最大何時間何分で切り上げるか

・女性といい感じになったらどうするか(カラオケにいく、ダーツにいく等)

・好きなタイプがかぶったらどうするか

・相手がブスだった場合、これ以上相席しても意味がないと思ったときはどうするか

最低限、予算=時間の限界は決めておきましょう!!

連絡先を交換するだけでよいという場合は大丈夫ですが、女性といい感じになったらどうするのかということも決めておくと連れ出す確率があがると思うのでおすすめです。

 

④お店に入る前に身だしなみを整える

意外と盲点になるのが、相席屋に入ってそのまま相席になる場合があるとうことです。比較的すいている時間帯(6~8時)に入店すると、そのまま相席になるという場合があります。そうなると髪が風で乱れていたり、服装がだらしなくなってしまうということがあります。できるだけ事前に身だしなみを整えておきましょう。

基本的には、店内に男性が飽和している状態で女性が来るのをテーブルで待ったり、お店に人がいっぱいでレジ横の椅子で待たされたりということが多いのですが、たまにすぐ通されてしまうということもあります。店に行く前に相席屋のアプリで相席情報を確認しておくとよいです。

 

⑤事前に軽く飲んでテンションを上げていく

金欠な私たちにとって相席屋は30分~1時間の勝負です!!(勝手に仲間にしてスミマセン)事前に1,2杯アルコールをいれてテンションを上げておきましょう。相席屋がはじめての方などは余計に緊張すると思うので、緊張をほぐすという意味でもとてもオススメです。私は相席屋に何度も行っていますが、毎回相席するたびに緊張します、、、軽く飲んでおくだけでも結構緊張度が変わってくるので特に私のようにシャイな人は是非やってみてほしいと思います。

 

⑥お酒の作り方を知っておく

居酒屋やバーで働いたことがある人は全く問題ないと思いますが、そういった経験がない人は簡単にでも調べておくとよいと思います。相席屋でのドリンクは最初の一杯以外はすべてセルフとなるので、どんな風にお酒をつくるのかというのは知らない人は意外と困ると思います。

また、相席屋でモテるためのテクニックとして「女性のバーテンになる」というテクニックがあります。基本的に女性には上座に座ってもらいますから、わざわざドリンクを取りに行くのは面倒です。女性のグラスが空いたら「次は何飲む?」と聞いてあげましょう。そして、実際にドリンクを作ってあげることができれば完璧です。特殊なドリンクまで作ってあげることができるという必要はありませんが(それができたら逆にめっちゃポイント高い!)基本的なドリンクは作れるようになっておきましょう。

 

⑦あらかじめ終電時間を確認しておく

相席屋に行くのは男性としては遅い時間に行ってワンチャンを狙いたい!という気持ちがあると思います。そして、ギリギリまで粘ってしまい泣く泣く終電を逃すことに、、、なんてことはそうそうないのかもしれませんが私はたまにあります(笑)事前に終電の時間は確認して、駅までにダッシュする時間も加味して計画的に相席屋を利用しましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です